目醒めた世界へ

ユーカリの森に暮らしています。自然の恵みに感謝して、ここにある全てと調和して循環しながら共生できたら素敵だと思うのです。 森羅万象を感じて行動する世界へ

意見を発信する事はできるかな?でも目の前の人に伝える事。私には難しいです。

巷では、こちら側にとっては嬉しいリーク情報がたくさん表に出てきたように思えます。やっぱりイーロンがTwitterに入った事が最大のオペレーションなんじゃないか?世界をひっくり返せるのじゃないか?とドキドキしながら情報をチェックしています。1年前Telegramでしか流れていなかったような情報が今Twitterにバンバン出ていますからね。

今朝イーロンが珍しく丁寧にお願いしているTweetがありました。

「毎日twitterを読んでいるのに、ほとんどつぶやかないという人にたくさん会います。もしよろしければ、あなたの声を公共の場に届けてください。」

その後LINEで、長男くんの仲のいい同級生の女の子のお母さんから、今日3回目のワクチンを打ったから心配というメッセージが入っていて、愕然としたのです。

まずオーストラリアでは接種の義務も強制もないし、促す事もされていないです。15歳です。今になって接種する意味がわからない。でもお母さんは今日本にいるのです。日本の感覚でオーストラリアにいる娘さんの接種を希望したのでしょうか?😰

「ノルウェーの保健専門家は現在、副作用のリスクがメリットよりも大きい可能性があるとして、若年層のブースター摂取について警告しています。」「もっと大きなニュースだと思う方はリツイートしてください。」

テレビや新聞以外では、こんな情報はたくさんたくさんあるのに、届けたい人達にはどうやっても届かないのです。

日本もオーストラリアも一緒です。話が通じる人はもうすでに自分で情報を収集しています。話が通じない、MSMしか信じない人々ノーミーにはどんな情報を持っていっても、権威が正式なニュースを通じて発表しない限り、巷の情報は全部怪しげなフェイクニュースだと取り合ってもらえないのです。私が情報を伝えたい人々の多くはアカデミックな世界にいる人、いた人やその家族なので、尚更自分達の知識に自信を持っていますので、私の声なんて全く届きません。

私はもともと、自分の意見を対話の中に入れる事がとてもとても苦手です。だからfacebookも嫌いでやっていないです。Twitterも読み専門で情報収集のみ。blogは独り言だから好きなのです。普段から人とのお付き合いも異論がある場合は黙ります。衝突が嫌いなのです。でも同意するふりはしないです。

そして気がついたのです。そんな私がお付き合いを続ける人達もやっぱり性格的に穏やかな人達で、自分の意見はあっても押し付ける事はしない人達なのです。

今回のこのコロナやワクチンについては「私は」コロナは怖くないし、ワクチンは何があっても受けない、ワクチンの副作用が怖い、子供達にも受けさせたくない、マスクも無意味と思っている。という事を隠さずやんわりと伝えています。それ以上は言いません。みんなの意見と衝突するのは明らかですから。そうすると向こうも衝突するのは嫌な人達なので、彼らも私にはあまりコロナやワクチンの話をしません。いつか疑問を持ち始めたら私に語りかけてくれるかな?と期待しながら待ち続けているのですが、あっという間に3年がたっています。

そして久しぶりにワクチンに言及があったと思ったら、この後に及んで3回目を打った。って。。。絶望感が込み上げてきました。

最近、本当に体調不良や亡くなられる方が多いと前回も書きましたが、ちらほらと若い人の体調不良も聞こえてくるのです。でもやっぱりワクチンとの関連付けはしないのです。20歳の娘が突然指の関節炎になってチェロが引けなくなったとか、14歳の娘が原因不明の腎臓疾患になって今シドニーのチルドレンホスピタルに入院しているけどなんだか薬が効いたみたい。なんなのかしら不思議だわ。と呑気に言っていたり。

今ふと思いました。その時「ワクチンは何回打った?」って聞いてみたらよかったのかも。と。でも勇気がいるな。。ものすごく人間関係に亀裂が入りそう。亀裂が入ってしまってもこれからも一緒にやっていかなければいけない事がたくさんあるからなぁ。

前述の15歳の子の件、もし私が友人関係に亀裂を入れても、ワクチンは危険だと思うと強く伝えていたら、昨日の3回目の接種を止められたかな??

半年前にその子のお父さんには「予防接種はいらない」と私の意見は伝えていたんですけど。全くもって効果はなかったんですよね。あるはずないんです。日本の某トップ大学の教授なんです。

 

 

亀のような歩みですが進んでいる気がします。

ここのところ花粉症でかゆーいです!私のTwitterフォロー先ではHotな「重曹&クエン酸水」。朝晩2回飲んでいるけど花粉症は一進一退を繰り返しているなぁ。スーパーで普通に買える重曹とクエン酸をとっていたけど、やっぱり天然の重曹に変えようと思い、今日ようやくオンラインで注文しました!

内モンゴルの「シリンゴル重曹」が気になっていたのですが、アメリカ産のナーコライトのから抽出されたものが簡単にオーダーできるのでそれにしました。深く考えずに10kgも注文してしまいましたよ!”100%天然、オーガニック製品(米国とカナダの大手オーガニック認証機関により認定)の製造に使用することができます。食品グレード、グルテンフリー、ナッツフリー、非遺伝子組み換え、USPグレード(米国の医薬品規格に準拠)です。防腐剤、アルミニウムは一切使用していません(添加も検出もされていません)”というものを購入してみました。

ついでにクエン酸も非遺伝子組み換えと表記されていたので購入してみました。(後で気が付いたけど同じ商品eBayだと半額に近い。まいっか😅)

楽しみです😊

相変わらず我が家の夫は羊のまま。政治や時事問題=コロナ関係について、いまだに話題にしません。意見がぶつかるのが嫌なので。でも時々私は夫に嫌味を言います。「健康に対するあなた達の意見なんて私にとって何の参考にもならない。間違えているとバカにされても私は全く気分を害することはないから、勝手に言ってていいよ。だって私、あなた達よりマジで健康ですから。」と彼の両親や彼の周りを念頭に入れて話しています。

で、私にそんな嫌な事を言われながらも、夫は私から渡される訳のわからない重曹クエン酸水やケルセチン、亜鉛、ビタミンD、ビタミンC、N-アセチルシステイン(NAC)などなどを大人しく摂っています「毎日変なものを飲ませて少しずつ毒を盛ってるんだろう。」と冗談を言いながら飲んでます。自分で好きで毒を摂ったくせにアホか!🤣と思いながらあげてます。(もうだってできる事は免疫力アップと解毒しかないですからねー。)

一昨日、半年ぶりかな?義父が来ました。家族全員は彼らの家に何度も遊びに行っていて、会いに行っていないのは私だけです。(うちから車で4時間半かかります。)義父がこちらに来たらいつもは4泊5泊していくのですが、今回はなんと1泊だけ😳!で、ワクチンやコロナについて一切言及しませんでしたよ。数週間前に長女ちゃんにブースターを打ちなさいと言っていた事は知っています。まだ考えは変えていないと思いますが、私に直接レクチャーする程の勢いは失せていましたよ。少しづつ、少しづつ、状況が変わっていく気がしています☺️。

久しぶりに会った時、表面上普通に挨拶をしたのですが、一瞬お互い目の中を覗き込んだんです。私の頭の中の声ですが「あんなにワクチンと薬漬けなのに澱んだ感じがない。意外に大丈夫そう。ただ(エネルギーというかオーラというか)さらーっとし過ぎていてなんか生命力が押し寄せて来る感じがないなぁ」と思ったのです。それと同時に向こうも「ワクチンを打ってないくせに元気そうだな。」と思っていたように感じましたよ😆

Dinnerの間もたわいもない家族の話だけを和やかにして次の日平穏無事に帰っていきました。次はクリスマスだな。今度は1週間はいるだろうなぁ。ワク推進家族の集合だけど、頑張るぞ!!(私の頑張るぞ!は波動を落とさずちょーハッピー&元気モードで親切にもてなす事です😘)(未接種者のみ行動制限があった去年も出かける時はニコニコして幸せそうにして白い服と透明の水晶をつけて歩いていました。なんかその頃から透明と白がとても好きになったんですよね。私なりのプロテクションです。)

またこれは最近の雑感なんですが、今まではネット上でたくさん見かけていた突然死、ターボ癌、いろんな疾患や病気、これが知人の間にじわじわと現れてきました。とても悲しいです。それでも私の周りにいる人々は変わらないです。突然亡くなっても年寄りだからとワクチンと関連づける事をしません。若い人が病気になっても関連づけません。1万人に1人、1千人に1人になっても気が付かないんだろうな。10人に1人位になったら気がつくのかな?気が付かなかったりして。。私の周りにいる人柄が良くて頭のいい人達、とても尊敬していた人達です。今も人としては好きなのですが、その洗脳の深さに絶望してしまいます。

ここでは新たなブースターは若い世代はもう誰も打ってないと思うのです。もうほぼマスクもしていないし、みんなその話をしないですから状況がわからないんですけど、もうすでにほとんど3回打ってしまっていると思うのです。年寄りは4回だし、日本は5回?その人達に今更、打った事による可能性、危険性、最悪の結果を伝える事はあまりにも残酷だし、事実をハンドルできないと思うのです。今現在では、実際影響の出ている人、全く無い人がいます。この先どうなっていくのかわかりません。でも事実としてこの半年の間に悪い結果が徐々に表に現れてきています。

それでも最後は人間の持つ力、自然が持つ力が人工物に勝つと私は信じています。

一体全体どんなSFの世界に生きているんだろう?と途方もない物を感じています。だからこそ、この状況を俯瞰して見ると、私達は全員この地球の人類歴史上においての大きな大きな分岐点にいるという何年も前から精神世界で語られていた事を信じられるのです。実際世界がこんな状況になったからこそ真実だったと確信しているのです。本当に魂の立て分けが行われているのです。だって世界中の一人一人に余す事なく選択が突きつけられたからです。「あなたはどうしますか?」と。家族、友人、尊敬している人々、権威の声と私の魂の声は真逆でした。でも魂の声に従う事しか私の中に選択はなかったのです。おかげで私にとって大切なのは魂なんだ!という事がわかりました。魂を汚す事より嫌な事はなかったのです。

悪役を背負った存在とのスピリチュアルウォーが行われたのです。光を探し回りました。でも外に光を探してもだめなんです。仮にあったとしても、自分の中を通らないとそこへはたどり着けないのだという事がわかりました。闇に引き寄せる存在はその役目を果たしているだけです。だから怒りも同情もありません。彼らは彼らの属する周波数のフィールドに帰るだけですから。私はそこに属したくないというだけの話です。

早くこのスピリチュアルウォーの終結の瞬間に行きたいです。だって結果はわかっているのですから。光と闇が統合して、闇を包括した光が実現されるのですから。

別のグローバル化 

一つ前の記事で、15年前グローバリズムについて感じていた事を、昔のブログから持ってきて貼り付けたのですが、その中にこのように書いてあって、何を書いたんだろう?と忘れていました。

日本も高い精神性を持って生きていたのに、彼らと同じようにアイデンティティを失ってしまったと思います。以前ちょっとタイについて書きましたがこれは世界中でおきていることだと思います。

見てみたら、初めてブログというものを書いてみた日で、2007年7月8日の初日の記事でした。きっと当時、グローバル化が世界をおかしくしている元凶だと気がついた頃で、余程その気持ちを発信したくなっただろうなと思いました。とても短くて、周りの人に伝えても面倒くさい人って思われるかな、バカにされちゃうかな、とドキドキしながら書いた事を思い出しました。

********************************************************

【別のグローバル化】

録画した2.3日前のNHKのニュースを見ていたら、
タイの伝統的文化復活への取り組みを紹介していた。

道行く人たちが微笑みながら合掌のポーズで挨拶をする「ワイ」。
これがタイが「微笑みの国」と言われる所以だそう。

それが若い世代を中心にその「ワイ」という伝統習慣がくずれはじめているという。
人々の間の「礼儀や尊敬」という意識が薄れ、謙虚さを忘れて、自己中心的な人が増えていっている。タイの人が持っていた、思いやりと言う心が減っていくばかり、と憂いていた。

ちょっと待って、同じ声が世界中のあちらこちらから聞こえてくる気がする...

こんなグローバル化はいらないと思う。 

タグ:経済優先主義に反対

********************************************************

懐かしい、あの頃はまだ録画してまでオーストラリアのSBSで放送されているNHKのニュースをチェックしてたんだなぁ。今ではあり得なーい😓

 

懐かしい未来 ラダックから学ぶ。

2007年に反グローバリズムという概念に気がついた頃とてもインスピレーションを受けた動画あってここに貼り付けたかったのですが、もう存在していませんでした。当時のブログ記事をそのまま貼り付けてみます。今からちょうど15年前の文章です。ちょっとだけ文章を直しました。

*******************************

【グローバル化って】

漠然と「グローバル化」は世界をよりよいものにしてくれるものだと思っていました。
なんとなく響きもかっこいいし、イマドキ。とそんな認識でした。

でも今は、周りの世界との調和をかえりみず、この物質的な要求ばかり優先されていく現代社会に不安を感じずにはいられません。それは利益至上主義のグローバル化が原因だと思えるのです。

安ければいい。便利だったらいい。利益が上がればいい。という声にどうしようもない違和感を感じるようになりました。

同じように疑問を持っている方、どうか時間を作ってでもこの動画をみてください。きっとそこにひとつの答えが見つけられると思います。

でも本当は一番こういった事に興味のない方に見てもらって、現代社会のあり方に疑問を持ってもらいたいです。

「懐かしい未来 ラダックから学ぶ -ancient futures:learnin from Ladakh-」

何世紀にも渡って伝統的な生活を送ってきたヒマラヤの辺境ラダック。しかし近年、そのラダックにもグローバリゼーションの波に乗って西洋文明と貨幣経済が導入されると、地域共同体が壊れ始め、人間関係は希薄となり、人の心は荒れ、環境が破壊されだしました。これは日本がいつか来た道です。この映画は私たちに「進歩」とは何を意味しているのかを考えさせてくれます。

動画は削除されてしまっているので書籍のリンクを貼り付けます。

懐かしい未来 ラダックから学ぶ (懐かしい未来の本) | ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ, 「懐かしい未来」翻訳委員会, 「懐かしい未来」翻訳委員会 |本 | 通販 | Amazon

ここからはグローバル化についての私の意見とラダックについて動画からの説明です。

グローバル化は大航海時代から始まった西洋文明の世界的な拡大をはじまりとします。

そして近代の産業革命によって経済活動が成長し多国籍企業となり国際金融資本の勢力が拡大しました。それとIT革命によって、今では世界中をあます所なく覆いつくしています。

このグローバル化は世界の各地で何百年にもわたってゆっくり行われてきたので、その変化を総体的にとらえるのは難しいのですが、このラダックではあまりにも突然に変化が起こったので、その原因と結果がはっきりとわかるのです。私たちの現代社会にある環境破壊やコミュニティ崩壊の問題の背景に何があるか、そしてその解決方法を説明してくれるのです。

何が起こったかというと...

グローバル化の波は何世紀にも渡って大事に守られてきたその土地や環境をまたたく間に破壊しました。そして人々の心をも破壊しつづけています。

物質的に豊かになって進歩したはずの彼らの新しい生活。快適さや便利さを得たと共に大切なものを失いました。貨幣経済によって競争社会になり、犯罪や暴力、紛争が増えていき、人々の暮らしは忙しくなる一方、家族はバラバラになり、若者の心は荒廃しています。人々の心の平安はなくなり惨めな状態になっています。伝統文化やコミュニティが崩壊され、アイデンティティを失った彼らは今行き場を失っています。

経済のグローバル化は様々な人種や文化の多様性を奪います。

ラダックの人々は貧しくても、助け合って調和されたコミュニティで暮らしていました。自然の摂理や生態系を尊重した、自然と共存した営みです。そこには平和で恒久的な農業、文化という文明があり、お互いを尊重する聡明で精神性の高い思想がありました。

今の私たちの暮らすこの産業社会は自然を破壊し続ける一方で持続性は全くありません。競争して奪い合う社会です。

人間が地球で生きていく為に、どちらが優れていると思いますか?

グローバル化されたその場所には何の利益も恩恵ももたらされません。目先の便利さと快適さだけです。失うものの方が遥かに大きいのです。その利益はグローバル化をもたらしている金融資本家達へもたらされるだけです。

日本も高い精神性を持って生きていたのに、彼らと同じようにアイデンティティを失ってしまったと思います。以前ちょっとタイについて書きましたがこれは世界中でおきていることだと思います。 

ラダックから学ぶ一番大切な事は...

人々はお互いにつながっているという事に気づくこと。
住んでいる所や足もとの地球との結びつきが必用なのです。
そして自分がコミュニティの一部である事を感じる必要もあります。
そうすれば自分たちのアイデンティティを見つける事ができ、長期的な人間関係をも生むのです。

その為には今、地域経済、地域コミュニティなど、地域の価値とその重要性を見直す事が一番重要なのです。

けれどもグローバル化によって、世界は正反対の方向へ進んでいます。小規模な農家や商店や会社の経営者は競争に勝てなくなってきています。

効率主義や利潤追求主義の考え方に踊らされずに、目先の利益に惑わされるのではなく、自然や生態系を尊重し、地元のコミュニティに基盤を置く生活に戻っていく必要があると考えさられます。

「快適さや贅沢は幸せをもたらすものではないのです」という言葉を聞いて思うこと。

あふれる富と名声を持って贅沢に暮らしているはずのハリウッドのセレブ達の「ドラッグ、アルコール中毒、自殺未遂、逮捕事件」といったお騒がせゴシップ記事を読むだけで、お金だけで人は幸せになれないのだな。。。

と、俗的なレベルにいる私はこんなことからも学びます。 

*******************************

確かカナダのドキュメンタリー映画の動画だったと思うのですよね。動画が削除されたのは著作権の問題なのかもしれないですね。前半は美しく、厳しい自然の中、平和で満たされ、調和された人間の生き方がありました。後半は近代化の先にあったものを見せてくれました。胸が痛くなりました。これはラダックだけではなく世界中で起きた事なのです。本当の教育とは?そこに答えがあると思うのです。

本の紹介動画が見つかりました。持続性があるからこそ続いてきた伝統的価値観や伝統的な知識が西洋の価値観の流入(グローバリゼーション)によって壊され失われていったのです。それはラダックをお金中心の生活へ変えてしまいました。へレナさんは問いかけます。「お金持ちになったらどんなライフスタイルを目指しますか?アメリカのお金持ちは天然素材の家に住みオーガニックな服と地産地消のオーガニックな食品を食べている。一方低所得層はコンクリートの家に住みポリエステルの服を着てファーストフードを食べ健康を害している。ラダックの人たちは元々天然素材の家でオーガニックの質の高い暮らしをしていたのです。」と。

 


www.youtube.com

生活に密着した暮らしの知恵、伝統的な産業を復活させる事が本当の教育で、それが未来への鍵だと私は強く思っています。

こうやって振り返ってみると、15年前と比べて世の中は激変しましたね。311もあったし、プランデミックも陰謀論の予想通り起こりました。グローバリストは暴走しました。でも同時にグローバリストの意図に気がつく人が日に日に増えていると思うのでグローバリストの意図通りには世界は進みません。

ヘレナさんの言葉に共感するような人々が世界に溢れるようになりますように✨

お金中心の経済学ではなく、幸せの経済学。そうローカルファーストですよ。

 

グローバリストにさようなら👋

時間があればガーデンにいて、いろんな事をつらつら考えながら、あんな事、こんな事、ブログに書き留めておきたいなぁと思うのですが、なんだか後回しになっていました。長年心を悩ましていた長女ちゃんの健康問題にもいい変化が表れてきた事も書いておきたいのですが、世の中の一進一退の流れにじれったい気持ちが増していて、ゴールが間近にせまっていると期待しているのでその気持ちもひとしおです。何度も何度も同じような事を書いていますが心が揺れないように自分のスタンスを整理しています。また、世の中に変化を求めるのなら、自分自身の心を見つめる事が大切と考えているからです。

しかし、アメリカの中間選挙の結果にニンジンをぶら下げられた馬のような気持ちになるのですが、ピープルパワー諦めません✋私たちは必ず勝つのです!ただ1日でも早く真実が開示されて目に見える形で自由の勝利を噛みしめたいです。でもそもそも私たちは自由なのだという事がみんなの共通認識になったら、その時点で自由なんですけどねー。

私のスタンスは「反グローバリズム」です。そしてグローバリストとは国境を超えたエスタブリッシュ・エリート達でカバール・ハザールでそれに従う人々を含めてDSだと認識しています。今ではそれらの人は悪◯を崇拝している人達だという考えに至っています。

1994年頃初めてグローバリストの存在を認知した経緯を書きました。ここから世の中への違和感が始まりそれ以来基本いろんな事を信用しないで生きてきたんだなぁと気づきます。👇は昨年の12月🇦🇺で強制接種とデジタル管理国家の足音が近くまで迫っていた頃、恐怖に負けないために書きました。

junkannosekai.hatenablog.com

こちらは👇2007年に突然世の中への不信の認識が深まり、それまでの疑いがほぼ確信に変わり、2020年には揺るぎのない確信に変わった経緯を書きました。

junkannosekai.hatenablog.com

私は2007年頃、自分の考えは反グローバリストだと気がついたのですが、軍産複合体の代表ブッシュ家が大嫌いだったので共和党を毛嫌いしていました。2008年当時はオバマ大統領の出現に心を躍らせたものです。でも結局8年間を通して民主党もエスタブリッシュの操り人形で同じなんだと思うに至りヒラリーなんか全く信用できないと思っていました。ただその頃はまだ民主党系のジャーナリストを信用していたので、私はトランプを毛嫌いしていました。お金に汚い名声欲に駆られた女性・人種差別主義者だと思っていました。共和党だし。と思っていました。陰謀論界に突然表れたQだって何よ。とトランプサポーターの意見を見る事もしませんでした。私も完全にマスメディアに洗脳されていたんだと今になって思います。真実探求の世界から離れていました。

そして2021年にワクチン強制接種の流れになり必死に情報を探すと当然陰謀論にたどり着きます。特にTelegramの中にありました。久しぶりにきたその世界はトランプサポーター、ホワイトハット、インテル情報、Q、デジタルソルジャー、トゥルーサーの情報で溢れていました。毛嫌いせず読み始めると、陰謀論世界の情報がさらに深まっていたのです。驚きました。以前は噂だった物に証拠がたくさん提示されていました。かなりぶっ飛んだ情報も混ざっているし、今は写真も動画もCGやら特殊技術で加工の精度が上がってるから気をつけないといけないので、盲目的に全てを信じる事はしていませんが、トランプ大統領が表す軍人への敬意、軍人からの敬意が本物だと感じたのがきっかけで心の氷が溶けました。トランプ大統領は本当に反グローバリストなんだと思えたのです。そしてプーチン大統領も昔はどうあれDSと戦う反グローバリストだと感じました。新しく知ったホワイトハットという存在も信じたくなりました。ただいろんな期待させる情報が毎回毎回毎回先延ばしにされて、今回も11月11日が1月10日に延長とか、やっぱり騙されていたりして・・と弱気になったりもします。でもねこれらの人々が全員、大ドン返しであちら側だったと仮定したら、人類のこの先、ディストピアしかないですよね。

それはあり得ないと直感で思うのです。今となってはジョージ オーウェルの1984年のようなディストピアは実現しないですよ。だって気がついている人の数が以前とは全く違いますから。

まぁ私の周りはまだ気がつかずに眠っていたいようですけどね。民放テレビやSNS情報は信用せず国営放送ABCが言わない限り信じないという人達が多いのです。今年の12月か来年の1月にはオーストラリアのメディアが変わる。ABCでも真実を語り始めるとホワイトハット側の元豪陸軍特殊部隊中佐、現オーストラリア・ワン代表のリカルド・ボッシ氏が言っていたとツイートにあったのでただひたすらその日を静かに待っています。

私は藤原直哉先生とマドモアゼル・愛先生の世の中の捉え方や考えが好きでいつも勇気とインスピレーションをもらっています。

www.youtube.com

www.youtube.com

アメリカ時間の11月15日、また先延ばしという声も出てるし、期待しすぎてはいけないと自分に言い聞かせつつ、どんな発表があるんだろうなぁ。。

 

 

追記:(シドニー時間11月16日)

今さっき1時間のトランプ前大統領の発表を聞きました。始まる前のあの煌びやかなセッティングの写真を見て、心の中で本当に大きな開示があるのではないか!と期待してしまいました、が、、ただ2024年の出馬表明でしたね😔。Qクロックが1月10日になったから開示もまた先延ばしになったのかなと希望を捨てないでいたいです。

 

まだ道のりは長いのかな・・・・・

 

 

 

挿木でたくさん増やすぞ!と野心を燃やしています。

ここの高原気候にあっているネイティブの木でガーデンフェンスの外にHedgeを作ろうと思い立ちました。冬の間の冷たい南風を防ぐための生垣。苗を買ってきたらもっと早いのですが、時間はありますので挿木でやってみようと思いました。しかも普段はプロパゲイト用のポットで根をはやしてから地面に植えるのですが、枝を切って処理をした後、雨が続いて土に湿り気があったので、直接地面に刺しちゃいました。運が良ければ根が生えるかも〜。ダメ元です。最近そんなYoutubeを見たので試してみたくなったのですがうちの庭では無理だろうなきっと。まぁ失敗してもいいんです。枯れたらまた根を生やしたものに入れ替えますから。タダですし。とりあえず🐓ちゃん達に破壊されないように石を置きました。Good Luck🤞私😆

Correa(Christmas bush,Bell flower)x9本 & Eremopila(Emu bush)x4本

5月に友達にローズマリーが欲しいと言われて、冬だったけど実験で色々挿木をしてみました。半分以上ダメでした。👇は根が出たものですが、一向に大きくならないです。挿木の剪定の仕方が大きすぎたかもしれないです。でも暖かくなってきたからこれから成長するかな?

Salvia(サルビア)もここの気候でよく育ちます。それとBoronia, Rose geranium, English lavenderも挿木してみました。もっともっと仕込んでいきたいのですが、プロパゲイトする場所がない。半日陰で暑くなりすぎない場所がないのです。シェイドクロスを設置しないと無理だなぁ。どこも日差しが強すぎるので、今回はポットをバケツの中に入れてみました。

こんなPotting Shed 憧れる〜✨

pin.it

「PictureThis」を使い始めました。それと雑草について🌱

最近「PictureThis:撮ったら、判る-1秒植物図鑑」というアプリをダウンロードしました☘️。1週間無料の後、1年分が自動課金されていたので、有料を避けたい人は気をつけたほうがいいですが、私はとりあえず1年間使ってみようと思いました。

いただいた植物とか、勝手に育っていた植物の名前とか、雑草なのか?瞬時にわかるのでめちゃくちゃ便利です!ただ写真をAIがスキャンして判断するので間違える事もありますが、ベネフィット大です!😊。

そして今気がつきましたよ!英語と日本語の設定が簡単に変更できます😂。名前も植物の情報も日本語でも英語でも瞬時にわかるのです!後でネットで調べ直さなくてもいい!Fantastic💕

雑草の話ですが、先月フロントヤードガーデンの雑草を抜いたのですが、ちょっとやりすぎてしまったと反省しています。裸にしすぎて土を乾燥させてしまって微生物との関係を壊してしまったと思うのです。雑草にもお役目があるので大切なんですよね〜。

junkannosekai.hatenablog.com

慌てて日陰を作るための木を植えました。Mighty Screen (Pittosporum Tenuifolium:ピットスポルム) 優しい緑で好きです。今年の夏の間にどれくらい大きくなるかな?

「炭素循環農法」というウェブサイトをかなり昔に読んでいたのですが、雑草について書かれていた所が心に残っていたのでまた探してみました。今読んでも濃くて深いなぁと改めて思いました。ただホームページがかなりノスタルジックなスタイルで内容は相変わらず難解😅。でも雨降りの間に読み直したいのでここに貼り付け。

tan.tobiiro.jp

17. 雑草?(土壌の分析医)

雑草は微生物、虫と同じように養分や環境、生態系をコントロールするために、その土地の必要に応じたものが生えます。

清浄度が高くても極端な痩せ地では、適応できる種類が少なく植生は単一・一様で、比較的進化度の低い植物(シダ類のワラビやイネ科のススキ、チガヤ、ヨシ等)が主です。
ワラビは根に養分を蓄え、イネ科の多くは大気中から窒素を固定する体内内生菌を持っています。耕地化するとスギナなどが繁茂します。

雑草にも大切なお役目があるとはいえ、扱い方もそれぞれです。ソーヤンさんの動画はわかりやすいです。


www.youtube.com

イネ科の雑草は株元の成長点より下を刈り取る。根っこは土の中に残しておく。

根っこを残しては良くないものは地下茎植物:ハマスゲ・スギナ・チガヤ・ヨモギ等 太くて竹みたいに節がついている。

草刈り鎌、欲しい〜。でもちょっと怖い😆。ちなみに私はヨモギを熱烈に栽培したくて種をオンラインでわざわざ購入して発芽作業をしているのですが、2年連続芽が出ません。すごい昔にヨモギの苗があって、うちの庭に植え替えたのですが、それも2回とも失敗しています・・・なんでなんだろう???でも引き続き頑張ります!

我が家の雑草をPictureThisでいろいろ調べてみたのですが、うちの庭はとにかく広いので、しのごの言わず、地下茎植物以外は、花が咲く前に地面から出ている所を芝刈り機で切ってしまう!花壇の中は手作業で刈り取る。根っこは取らない。という事にしました。花壇の中はMarsh parsley (マツバゼリ)がいっぱいです。

さて、問題は花壇の中に侵食してきている地下茎植物です。かなりはびこってます。これは根っこから取ります。PIchtureThisでは写真を撮るたびに違う名前が出てきたりしてしまうのですが、Cenchrus(キクユグラス)らしいです。芝生の草ですね。シドニーのエコガーデンでも苦労していました。コンポストにも入れちゃダメだよ。と教えてもらいました。

ここの敷地、人間の手が入っていなかった頃はイネ科のMαt-grass(コウスイガヤ)だらけでしたが、人間が入ってきて環境が変わったり、雨が降ったり、降らなかったりすると、雑草の種類が勝手に変わっていくんですよね〜。本当に自然ってすごい✨

 

南側・バックヤードガーデン 2022年10月

今日は☔️。雨降りだとルーちゃん達は近くに行っても急いで逃げないんですよね。呑気に草を食べています。最近どでかいパパルーがたくさんいます。(この写真は北側フロントヤードです)

そして今日から1週間先までずっと☔️マーク。雨が降っていないと朝から晩まで外で庭仕事して夜はクタクタだし、手足も痛いし、早くからベッドに入ってしまいます。でも朝になると復活しているんですよ〜。自分でもびっくりしています☺️。もともと体力のある方でしたが、最近庭仕事が楽しすぎてワクワクしているせいか、なんか体力、エネルギーが満ち溢れているんです。でも本当は家の中で調べたり、やりたい事もたくさんあるので、雨が降るとそれはそれで嬉しいです😆

ガーデン友に、卵の殻の質が悪くなったり羽の中に虫がついたりする。食べ物もいろんな物をあげて、頑張って掃除して清潔にしているんだけどと話したら、フェンスの中が広くても中に入れっぱなしという事はフリーレンジじゃないんだよね。やっぱり囲いの外に出して草とか虫とか食べたりしないとダメなのかもよとアドバイスをもらいました。この写真は囲いの中にいる時の🐓ちゃん達。

でね、早速その翌日から作り始めました。ガーデンフェンスです。ずっとずっと作りたかったのですが難しく考えすぎていて実現しないでいました。ファーマーのフェンスを思い浮かべてコーナーの柱には大きな穴を掘って木の柱を入れて添え木を入れてコンクリートで固めないとと思っていましたが、🐓が入れないくらいのレベルでいいんだ💡と思ったら、スターピケット(star picket)でいいじゃん!とようやく気がつきましたよ。

そして念願のガーデンの周りに🐓よけのフェンスが出来ました!ワイヤーはリサイクル品ですし、スターピケットはそんなに頑丈に立てられていないのですが、🐓は入れません✋。🐄牛さんにアタックされるわけではないですからいいんです😆。

硬い地面にスターピケットを刺すのは私にはできないので夫に手伝ってもらいましたがワイヤーを貼るのは全部一人でやりました!そしてフェンスの外に石を運んできて花壇も作りました。台車で土を何度も何度も運んできて入れました。花の苗と種も植えたので、花壇の周りにも🐓ちゃん達に破壊されないようにワイヤーや石のプロテクションを後でおきました。

私自分でちょっと凄すぎると思っているのです。

なんか不思議なのです。出かけたり、お客さんがあったり、用事があってできない日もあったのですが、1週間ちょいで出来たのです。仕事の進み具合が昔より全然早いのです。前だったらこれだけの土を埋めるのにもっともっと時間がかかっていた気がするのですが、私の作業が早くなったのか?いや疲れるので休み休みやっているし、かなりゆっくり動いています。

見えないガーデンノームや妖精が後ろで手伝ってくれているのかもしれない!!と今真剣に考えています🧐

でも何年もかけて、石をこんなに取り除いたから、なんとかスターピケットを地面に刺す事ができたのかもしれないです。

junkannosekai.hatenablog.com

いずれにせよ、鶏ちゃん達がハッピーになってくれたら嬉しいです。でもね、あちらこちらにある私の植木鉢、破壊しないでね。

 

Stay strong and resilient in your way of thinking

お母さんの考え方を強くたくましく持ち続けて・・

家族から誕生日カードをもらいました。それぞれのキャラクターで嬉しい言葉が書かれていました☺️。

今年は、中学2年生の次男君からの👆の言葉にグッときました。というのは、この2年、私が全力で世の中の流れに抗っていた間、長女ちゃんと長男君は私の言葉を聞いてくれているという実感がありました。じゃぁ、これはどうして?と色々質問して、自分の考えを言ってくれるからです。でも次男君はいつも黙って聞いています。意見を言いたくないようです。(自分の中で静かに考えるタイプです。)性格的なスタンスは、科学的考察と思考をする夫の家族よりです。かろうじてワクは打たないでいてくれたけど、いつあちら側に行ってしまうか、私は常に心の中で不安を感じていました。

その彼が世間とは真逆の意見ばかり言う私にこんな言葉を送ってくれたのです。ちょっと🥲じ〜んとしました。

 

今、長男君ロシアのセルゲイ・プロコフィエフのこの曲を練習しています。


www.youtube.com

レッスンで先生にもっとロシア風に規則的にアクセントを入れて弾くように言われました。メローな曲の方が得意な長男君にはちょっとチャレンジです。


www.youtube.com

じゃぁ、家に帰ってロシアンソルジャーのマーチでも見てみようね。なんて私が提案したら、バイオリンの先生が「あ〜、今のロシアは・・」と頭を抱えていたので、あ!そうだった、気をつけなきゃ。。普通の人々はロシアに対してそう思っているんだと思いだし、お茶を濁しました。私はロシア推しですからね。。尊敬の念を持ってノリノリでロシアのミュージックを聴いていました。ソ連ではないプーチンのロシアです!西側諸国もソ連も結局はグローバリストの創作物ですから、民主主義と呼ばれようが、社会主義と呼ばれようが、どっちであっても私から見れば同じカテゴリーです。今のロシアはそのどちらとも違うと思っていますので。

帰りの車の中で、ロシアとウクライナについて初めて長男君と次男君に私の考えを伝えました。長男君はロシアに攻撃されてウクライナの人が可哀想だよ。と言いました。なので私は2014年からのウクライナで起こっているロシア系ウクライナ人に対する虐待虐殺の事、アゾフというナチスの存在について、冷戦から続くNATOと米国の関与と地理的勢力構造について、イラク・シリア・レバノン、数々の中東やアフリカや東ヨーロッパで起きた紛争、戦争、破壊活動について、これまでの西側諸国の反応はどうだったか?その違いについて、MSMで流れるフェイク映像の存在について伝えました。長男君はそうか。と納得した様子でしたが、後部座席に座っていた次男君は寝ているのか分からないほど静かで、家に着いたら黙って家の中に入って行きました。

その後のバースデーカードに👆の言葉が書かれていたので、感慨深かったのです。沈黙は意見の拒絶や不賛成ではなかったようなのです。

 

 

あちら側、どうせ失敗します!

モンティ・パイソン(Monty Python)

好きなんですよね〜。”作風は哲学的かつキチガイ丸出し。” 本当にそうですね〜😅。

私は、私の見える世界のBright sideを見ようと心がけています。どこにフォーカスするかで世界の見え方が変わるから。でもね、それでいいのか?と、これも「目覚めとは何か?」という疑問と同様にいつも自問し続けています。答えは出ていません。

そんな時にふと頭をよぎったこのモンティ・パイソンのシーン。エリックアイドルのこの歌。十字架に張り付けられて。。深すぎますよ。

【いつも人生の明るい面を見よう】


www.youtube.com

あちら側の勢力は次から次へと支配搾取するための策を講じてきます。そしてそれ程人間が憎いのでしょうか?きっと人間ではない意識の存在が関わっているのです。人間のDNAを滅ぼしたいのだと思うのです。そしてDNAを変えた人間ではなくなったものだけを奴隷として残す。そうとしか考えられないです。人間ではない意識の影響下にある側がやっていることに光を当てて真実を明るみにしていく事がこちらの手段だと思うのです。けれどもその時に恐怖と怒りに支配されてはいけないと思うのです。

今🇦🇺では不穏な流れがあります。普段、あちら側がやろうとしている情報はここに記録していないのですが、今回は光を当てるという意味で記事にします。WA州の強制接種の法案可決は公式文書で出ているようだし、家畜へのmRNA接種はあまりにも身近すぎる問題です。でも家畜に関しての公式文書はまだ目にしていません。ただの煽り情報だといいのですけど。ただここらのファーマーを見てもみんなワクチン信じ切っていそうだから嫌です。あちら側、10月に入ってからなんか加速しているように感じます。

注意深く見守ろうと思いますが、これまでがそうであったように、彼らは失敗します。

 

追記:10月12日時点、長女ちゃんが、Colesなどにビーフを卸している同級生のファーマー(NSW州)に、家畜にmRNAワクチンを打つように政府から指示が来ている?と聞いてくれました。「そんなのないよ。なんでそんな事聞くの?」と言っていたそうです。ほっと安堵。だといいですね!!長男君にも同級生のファーマーの家の子に聞ける?と聞いたら、仲はいいけど僕の事反ワクって騒いでいたから絶対やだ!と言われました😅そりゃぁそうですね。

 

「ワクチン未接種者に敬意を表する」というメッセージ

junkannosekai.hatenablog.com

6月に👆の記事で匿名の寄稿文を紹介しました。ワクチン接種戦争の終わりの気配を感じて当時少し安堵の気持ちを感じていました。でもけして表のメディアに出てくる事はありませんので、まだ勝利を祝う気持ちにはなりませんが。

note.com

8月には👆中村先生が匿名の手紙を紹介してくださっていました。この手紙どこかでフリン将軍という名前を見たような気がしていたのですが、昨日全文の動画を見ることができてフランスのクリスチャン・ブランション将軍という方だったとわかりました。少しづつですが、反ワクチンに対する見方を変えた人がその意見を表明してくれるようになり、その事に感謝と尊敬の念を感じています。

未接種者である私は英雄と言われてただ喜んでいるわけでも、自分達を優れていると認めてもらってただ誇らしく思っているわけでもないのです。強いて言えばこちら側を選んだ人がこんなにも少なかったのかと正直驚き悲しく思っています。本当に四面楚歌でしたからね。でもだからと言って自慢をしたくて記事にしているわけではないのです。この言葉を私の息子達にこっそり伝えたいのです。彼らがどんな事をくぐり抜けてきたのか教えてあげたいのです。でも"chill mum"とcoolにあしらわれてしまいそうなので、何かの機会があったら見せてあげようと思いここに貼り付けて保存。でも英語じゃないので文章を下に貼り付け。

でも正直涙ぐんでしまいましたよ私は。この動画を見て。だって本当にプレッシャー半端じゃなかったですもの。

odysee.com

www.europereloaded.com

The message of General Christian Blanchon paying tribute to the non-vaccinated

They are there, by your side, they seem normal, but they are superheroes.

Even if I were fully vaccinated, I would admire the unvaccinated for standing up to the greatest pressure I have ever seen, including from spouses, parents, children, friends, colleagues and doctors.

People who have been capable of such personality, such courage and such critical ability undoubtedly embody the best of humanity. *

They are found everywhere, in all ages, levels of education, countries and opinions.

They are of a particular kind; these are the soldiers that any army of light wishes to have in its ranks.

They are the parents that every child wishes to have and the children that every parent dreams of having.

They are beings above the average of their societies, they are the essence of the peoples who have built all cultures and conquered horizons.

They are there, by your side, they seem normal, but they are superheroes.

They did what others couldn’t, they were the tree that withstood the hurricane of insults, discrimination and social exclusion.

And they did it because they thought they were alone, and believed they were alone.

Excluded from their families’ Christmas tables, they have never seen anything so cruel. They lost their jobs, they let their careers sink, they had no more money… but they didn’t care. They suffered immeasurable discrimination, denunciations, betrayals and humiliations… but they continued.

Never before in humanity has there been such a casting, we now know who the resisters are on planet Earth.

Women, men, old, young, rich, poor, of all races and all religions, the unvaccinated, the chosen ones of the invisible ark, the only ones who managed to resist when everything fell apart, collapsed.

It’s you, you’ve passed an unimaginable test that many of the toughest marines, commandos, green berets, astronauts and geniuses couldn’t pass.

You are made of the stuff of the greatest that ever lived, those heroes born among ordinary men who shine in the dark.”

Christian Blanchon, general in the French army

 

目醒めたって何よ?

なんかここ数日、だるいのか、眠いのか、ローエナジーです。今スクールホリデー中なので、7時に起きる必要がないし時間に追われてなくてリラックスしすぎてダラダラしてしまうのかしら?気力と思考能力が0です。シューマン共振はどうなんだろうとチェックしてみたら10月は静かなようです。

Шумановские резонансы | Space Observing System 10月5日現在も静かです。

ガーデンに出る気力がない。動画を見ても話が頭に入ってこない。文章を読んでも頭に入ってこない。そんな時はMeditation Music chanelでも流しながらボーッとしてみよう。と思いました。そうしたらね、ブログでも書いて霧のかかった思考を整理してみようかなという気が起きました。


www.youtube.com 

私は目醒めた世界へ行きたいと願っているのです。それは目醒めた人だらけの世界です。というかここにそうなって欲しいのです。

でね「目醒めたって何よ?」そして「そもそも自分は目醒めているのか?」と、ずっとずっと自問し続けているのです。

「目覚めた人」というとなんだか手垢がついてしまった言葉のような印象がありますが、ようは「気がついている人」なのかなと思っています。私達が生きている世界は、私達が本来求めているものとは違う世界になっています。人間は善の存在(性善説)で、その人間が求める本質は「愛・共感」です。けれども巧妙で邪悪なシステムによって精神が奴隷化された上に「貪欲・無関心」へとマニピュレートされて、愛という本質が覆い隠された世界になっています。その事に気がついたからこそ「気がついていない人が乗っている、その流れ・考え・システム」を認知する事ができるので、たとえそれがメインであっても違和感を感じれば、その流れから外れる選択ができるのです。だから「気がついて・認識して・行動している人」という解釈になります。

以前、退行催眠で潜在意識から「意識とは行為です。意識した事が行為となって現れ、結果を生むのです。」と言われとても心に響いた事があります。人の真価は言葉ではなく行動だと思うようになりました。行動するには気がつかないとできないですけど、気がついても行動しなければ流されていくだけですから気づかない事と変わりがないですね。

そしてこのプランデミックの間、恐れ・怒り・憤り、たくさんの負の感情を経験しました。そのおかげで気がつく事ができた事実の一つに「他人をジャッジしない」というものがあります。エゴが統合されていれば他人をジャッジしなくなるという考えに到達したからです。これまた自分が気づいてしまうと気づいていない人をジャッジしてしまうんですよねー。「目覚めた人」とは最終的に「エゴの統合」にまでたどり着いた人なのだと思うに至りました。でも「エゴの統合」にトピックを持っていくと、まぁもう終わらなくなりますね。。っという事で、私はまだまだエゴでいっぱい。エゴの統合なんてできていませんので、目覚めていません!目覚めようと毎日頑張って目覚めの小さな小さなステップを登っていると思います!なので目覚めの予備軍〜😂

「目覚めた人」をまとめますと・・・

  • 人間の善という本質に気がついて、支配され操られている現実に気がついて、今の世界の現状が見えている人
  • その支配に従わない行動をしている人
  • エゴの統合ができている人(他人をジャッジしない、依存、執着を手放している)

これが今の私の理解です。

で、目覚めた人でいっぱいなのが「目醒めた世界」✨

 

最後に、私の尊敬してやまないチャーリー・チャップリンのスピーチ。これが人間の本質だと思うのです。

junkannosekai.hatenablog.com

今回はこちらのブログから「史上最高のスピーチ」 | グローバルに波乱万丈 日本語訳を貼り付けさせてもらいます。本当に感謝です✨

申し訳ないが、私は皇帝などなりたくない。それは私には関わりのないことだ。誰も支配も征服もしたくない。できることなら皆を助けたい、ユダヤ人も、ユダヤ人以外も、黒人も、白人も。 

私たちは皆、助け合いたいのだ。人間とはそういうものなんだ。私たちは皆、他人の不幸ではなく、お互いの幸福と寄り添って生きたいのだ。私たちは憎み合ったり、見下し合ったりなどしたくないのだ。

この世界には、全人類が暮らせるだけの場所があり、大地は豊かで、皆に恵みを与えてくれる。人生の生き方は自由で美しい。しかし、私たちは生き方を見失ってしまったのだ。欲が人の魂を毒し、憎しみと共に世界を閉鎖し、不幸、惨劇へと私たちを行進させた。

私たちはスピードを開発したが、それによって自分自身を孤立させた。ゆとりを与えてくれる機械により、貧困を作り上げた。

知識は私たちを皮肉にし、知恵は私たちを冷たく、薄情にした。私たちは考え過ぎで、感じなさ過ぎる。機械よりも、私たちには人類愛が必要なのだ。賢さよりも、優しさや思いやりが必要なのだ。そういう感情なしには、世の中は暴力で満ち、全てが失われてしまう。

飛行機やラジオが私たちの距離を縮めてくれた。そんな発明の本質は人間の良心に呼びかけ、世界がひとつになることを呼びかける。

今も、私の声は世界中の何百万人もの人々のもとに、絶望した男性達、女性達、子供達、罪のない人達を拷問し、投獄する組織の犠牲者のもとに届いている。

私の声が聞こえる人達に言う、「絶望してはいけない」。私たちに覆いかぶさっている不幸は、単に過ぎ去る欲であり、人間の進歩を恐れる者の嫌悪なのだ。憎しみは消え去り、独裁者たちは死に絶え、人々から奪いとられた権力は、人々のもとに返されるだろう。決して人間が永遠には生きることがないように、自由も滅びることもない。

兵士たちよ。獣たちに身を託してはいけない。君たちを見下し、奴隷にし、人生を操る者たちは、君たちが何をし、何を考え、何を感じるかを指図し、そして、君たちを仕込み、食べ物を制限する者たちは、君たちを家畜として、単なるコマとして扱うのだ。

そんな自然に反する者たち、機械のマインド、機械の心を持った機械人間たちに、身を託してはいけない。君たちは機械じゃない。君たちは家畜じゃない。君たちは人間だ。君たちは心に人類愛を持った人間だ。憎んではいけない。愛されない者だけが憎むのだ。愛されず、自然に反する者だけだ。 

兵士よ。奴隷を作るために闘うな。自由のために闘え。『ルカによる福音書』の17章に、「神の国は人間の中にある」と書かれている。一人の人間ではなく、一部の人間でもなく、全ての人間の中なのだ。君たちの中になんだ。

君たち、人々は、機械を作り上げる力、幸福を作り上げる力があるんだ。君たち、人々は人生を自由に、美しいものに、この人生を素晴らしい冒険にする力を持っているんだ。

だから、民主国家の名のもとに、その力を使おうではないか。皆でひとつになろう。新しい世界のために、皆が雇用の機会を与えられる、君たちが未来を与えられる、老後に安定を与えてくれる、常識のある世界のために闘おう。

そんな約束をしながら獣たちも権力を伸ばしてきたが、奴らを嘘をつく。約束を果たさない。これからも果たしはしないだろう。独裁者たちは自分たちを自由し、人々を奴隷にする。 

今こそ、約束を実現させるために闘おう。世界を自由にするために、国境のバリアを失くすために、憎しみと耐え切れない苦しみと一緒に貪欲を失くすために闘おう。 

理性のある世界のために、科学と進歩が全人類の幸福へと導いてくれる世界のために闘おう。兵士たちよ。民主国家の名のもとに、皆でひとつになろう。 

ガーデニング・テクニック Twitterから

ガーデニングのテクニック。いつか試してみようと思っているので貼り付け。

ガーデン系・お気に入り動画🤣 ここまでお茶目だと笑える。癒される〜。

で、ガーデンに全然関係ないけど、可愛すぎる「アウゥ〜〜〜〜〜〜〜」動画。これお気に入りなんですけど、この動画をクリックすると、うちのソーセージちゃんが緊急事態体制に入ってしまうんですよ😆。「アウぅーーー」はどんな意味なんだろう?

我が家のソーセージ

いつもは寝てばかりですけど😆

追加を貼っていきます。

 



畑(陸)わさびの栽培

5月からわさびを栽培しています。

junkannosekai.hatenablog.com

9月これくらい育ちました〜。

わさびは🇦🇺では9月~11月の間に白い花を咲かせます。でも花が咲くとその分栄養が花に分配されるので、わさびの味や風味を楽しみたい方は蕾をつけた時点で摘んだ方がいいそうです。

わさびの根や葉の部分を収穫する時期は9~3月ごろだそうです。根の部分を収穫する場合は3年ほど栽培してしっかり肥大させてから収穫するのがいいそうです。

根っこは3年待つとしても、葉はどうやって食べるんだろう?

greensnap.jp

葉ワサビは1年中の収穫が可能だそうです。しょうゆ漬けやお浸し、漬物などで食べるそうです。掻き揚げにしたり、蕾は天ぷらで楽しむことができるそうです。

ワサビは夏に弱いので、風通しを良くして温度が18℃以上にならないような涼しい場所に置いたり、寒冷紗などで覆うそうです。やばいです。冬の間は建物の影で完全に日陰の場所に置いておいたら寒さには強いようでよく育っていました。でも最近陽が高くなり始めて西日が当たるようになってきました。これから日差しはどんどん強くなっていきます。涼しい場所なんてない。とりあえず東向きの建物の影に置いてみました。ここなら午前中の陽は当たりますが午後はずっと日陰になります。それでも暑いかも。何か寒冷紗で覆わないといけないかな。

株分けは小株ができる3月~4月の初秋だそうです。とにかく夏をなんとか乗り切って、その後秋に株分けを忘れないようにしなきゃ。

北側・フロントヤードガーデン 2022年9月

ここ数日は、北側のフロントヤードを手入れしています。雨が降ったりやんだり、もう待てなくて雨の中作業を始めたら、もうびっくり😳!手の筋を痛める程かったい根の雑草が簡単に抜けるのです!雨の後も半日か1日も経つとすぐ固くなってしまうくらいここの地面は乾燥しているのですよ。これからはもう雑草とりは雨の日に決めました。でも小雨の時ね😆。

フロントヤード、以前はどんな感じだったかな?と思い記事を探しました。懐かしい!2013年の庭を見て😳驚きですよ。変わりました。何年もかかりましたが全部手作業です。アリのように働きました。無の空間からの創造です。

本当に小さな小さな例ですが、3次元の物質世界でゼロから物質を生み出す人間の意識が地球には必要なんだろうなと思うのです。宇宙の法則は自由意志ですからね、人間の意思はいい方にも悪い方にも作用しますが、それが宇宙の大いなる意志なのだなぁ・・とつらつらと考えてしまいます。

junkannosekai.hatenablog.com

junkannosekai.hatenablog.com

junkannosekai.hatenablog.com

🐑の師匠夫は、君が好きなのはパーマカルチャーとか自然農法なんだからお金をかけず無駄を出さずに廃材を利用して自然のままにするべきだと言います。彼は「自然に」とか興味がないというけど、整然としていない自然のままの乱雑な状態を好みます。自然が好きという私は逆に整頓された少し無機質なモダンな雰囲気の方が好みなんです。汚れないし、手入れが楽だし。理想は自然なんですけど、適材適所・できる範囲と思っているので、農法等も細かい事はそんなにこだわりません。「自然風」に漠然と憧れるだけです。

で、キッチンの前にあるフロントヤードは料理好きな夫のハーブがよく育っています。ここは僕のガーデンだというので、私はあまり触っていませんでした。

でもね、あまりにも鬱蒼としていてハーブを摘みに行くのも足の踏み場がない。

大根の葉っぱのような雑草に覆われてもう何も見えないです。でもそのおかげで日陰を好む三つ葉と茗荷とミントがよく育っています。

私は手作りバームを作るんですけどそれに使うカレンデュラはよく育っています。でもトゲトゲのネトルやヤブジラミ?でいっぱいです。雑草はどんどん侵食して広がっていきますのでそれだけとってしまう事にしました。

雨降りの間、簡単にひっこ抜けたので楽しくなって全部とってしまいました。でも太陽が出てみたら日差しが強い。遮るものがなくなってしまいました。裸にしすぎたかも〜。レンガをおいて足の置き場を作って、同時に湿度を保てるようにします。これから日差しがきつくなるので、また日陰を作ってくれる雑草ではない植物を植えないといけないかも〜。

夫に嫌がられないほどにハーブのところも少し整理しちゃいました。足場も作って日陰も確保できています😌。またバックヤードだとポッサムに食べられてしまう葉野菜をフロントヤードに持ってくる事にしました!フロントヤードの方が安全です😊。で、大きく育ってしまうハーブをバックヤードに持っていこうと密かに計画しています。まぁ大きくなりすぎないように小さくまとめちゃえばいいのか。

雑草を🐓ちゃん達にあげました。すぐ飽きちゃったみたいですけど。

昨日突然、ご近所さんから🐓3羽頂いちゃいました。5月にも別のお友達から5羽いただいていたので、全部で10羽になりましたよ。突然大所帯になりました〜😆可愛いです。