目醒めた世界へ 

想像してください。自然と調和したテクノロジーが発達した世界を。地球に住むすべての人が豊かで子どもが幸せな世界。足るを知る幸福と愛で溢れた平和な世界。そんな世界を作りたいのです! 〜オーストラリア・ユーカリの森から〜

中村篤史先生の文章って好きです。

ナカムラクリニックの先生の情報は本当にわかりやすくいつも的確で、知りたい事、伝えたい事が凝縮されています。must-read 必読ですね。

note.com

この中で紹介されている、看護婦の暴露情報。ロット番号でワクチンの3種類の違いがわかるというものですが、当時私もテレグラムでその暴露動画を見て恐怖に慄きながら希望に縋っていました。それは止める事に失敗した夫と長女ちゃんの接種後でしたから。ロットによって副反応の違いがある事はあちらこちらで指摘されていたのですが、医療サイドからの暴露情報でしたからよく覚えています。(そして今ではデンマークの調査の数字でそれが証明されるという話です。)オーストラリアではロット番号は知らされないのでわかりませんでしたが、たとえわかっても恐ろしくて知りたくないと思いました。当時二人はピンピン元気でしたのでプラシボであった事を天に祈るしかありませんでした。なんかあの2021年の時の感情を思い出すと今も手が震えそうになります。久しぶりにその当時のナカムラ先生の記事を読んだら『オーストラリア、ワクチン未接種者の銀行口座を凍結』『オーストラリア軍、コロナ陽性者を隔離収容所に移送』とか紹介されていて、本当にこんな事が続いていたなぁと思い出しました。

note.com

私、おかげで体重が10キロ以上減りましたから。。まぁ今となっては20代の頃の体重に戻ってダイエット作戦・大成功!ラッキーくらいに思ってますが😅。でもね恐怖から解放されて幸福感を取り戻したらじわじわ体重が増えてきましたよ。まぁこの年で急激に痩せると顔がげっそりして老けて見えるのでまぁいいか。とどこまでも前向きです🤣

夫は接種後健康を崩した事もないし何も変わらないです。まぁ元々メタボな人なのであったとしても生活習慣気をつけろ!という範疇のものばかりです。ただメチャメチャ健康だった長女ちゃんが明らかに接種後いろいろおかしいです。解毒しかないです。

プラシーボだった事を天に祈り続けていますが、体から電気が出続けている事が不可解なので、食塩水だったとしても、なにかしら酸化グラフェンやら、バイオ、ナノテクノロジー、寄生虫等が入っていたかもと疑っています。(あっでも、磁気は出てないです。あくまでも電気だけです。放射線やホルムアルデヒド等も出てないです。)

しかし全てが不可解ですよ。とにかくワクチンの成分を解明する事が許されなかった当時から、体制に刃向かってまで行動していた科学者の中でもそのリサーチの結果と見解がバラバラですから。食塩水だった、mRNAしかない、mRNAなんてない。酸化グラフェンしかない、酸化グラフェンなんてない。等など。

私には何が真実かわかりませんが、ワクチンは生物兵器、そして5Gはそれに影響を与えると思っています。あとその不可解な未知のテクノロジーによって思考が操られているという説に頷くものもがあります。政治家達なんて絶対思考を乗っ取られているに違いないとずっと思ってます。

けれども最終的に人工物は自然の力に勝てない。フル ストップ。終止符!

だって適切な石や鉱物だったら何千年、何万年?と風化せずに存在できています。でもプラスティックなんて簡単に劣化してしまいますよ。砂漠に放置して何年存在できると思います?太陽の紫外線、塩、風ってスゴイですよ!

それと先週でしたっけ「多死社会」の放送。なんだそれ!?と思いましたよ。ほんとNHK最悪。でもねイギリスのBBCもオーストラリアのABCも同じ。市民の味方の顔をしてたくせに、結局は一番の権力の犬だったって事。スポンサー(金)の言いなりだと思ってた民放より始末悪い。でも最大の問題はその事に全く気が付かない、今だに🐑🐏🐑🐏のメンタルの人々😑

チーーーン🙏。