目醒めた世界へ

ユーカリの森に暮らしています。自然の恵みに感謝して、ここにある全てと調和して循環しながら共生できたら素敵だと思うのです。 森羅万象を感じて行動する世界へ

「エゴを昇華した澄み切った心」と「真実を見据える心の強さ」エベレストのような高さに思えます。


www.youtube.com

このPiano Trioのグループ、どんな方達なのか全く存じ上げないのですが、音色が美しくて心の琴線に触れました。

今朝気が付いたことをここに記録しておこうと思います。

最近あまり太陽がでていません。太陽の暖かさがどれほど心を暖めてくれるものなのかを実感しています。特にここは今は冬ですのでね。曇りの合間に顔を出してくれるだけでどれだけ思考にインスピレーションを与えてくれるのか驚くほど実感しています。ヒラメキと安心感、そして勇気がやってくるのです。

でも数年間、晴天が続き、生活飲料水も枯渇し、カラカラに干からびた土も経験しているので、雨と曇りにも感謝しかないのですよ。こうやって自然の中で生命と向き合って暮らしていると、自然への畏敬と感謝の念しか生まれてこないです。

さて、ここから、今朝太陽が出ている間に思いついた事を書きたいと思います。

私自身は政治や宗教団体に属していないですし、過去にも属した事もないです。そして今、誰かの意見を聞く際に、どの団体に属している、属していない等のバイアスを持って判断する事をやめました。それはこのプランデミックによる混乱の中にいてそう思ったのです。もちろんグループによる傾向はあると思います。でももう国も宗教も文化も政治的信念も全部関係がないと思うに至ったのです。ついでにこれまでの評価基準による頭脳の良さ悪さも判断基準ではなくなりました。そしてサムシング・グレート、神、宇宙の根源、自然を否定する人の意見は取り入れないようになりました。

今の判断基準は、心眼を持っているかどうかという事です。心眼を持つには「エゴを昇華した澄み切った心」と「真実を見据える心の強さ」が必要です。自分はそこを目指したいです。エゴの昇華は本当に厳しいです。究極全てが自分のせいなのです。そしていかなる依存心も優越感も持たない事なのです。まるでマウント・エベレストに登るようだなぁとしみじみと思いました。でも人間登ってますもんね!

私はいろんな人の発信をフォローしています。それを自分の思考への参考にしています。でも決して妄信はしません。その時その瞬間の発信内容にコミットします。その人やその存在にはコミットしません。いつでもフラットな心で、自分に軸をおいてピポットするだけです。情報の根底に魂のきらめきを起こさせる物があるか?太陽のような暖かさを感じるか?それだけです。共感する事は取り入れる。共感できない時、わからない事はただ保留にするだけです。ジャッジはしないです。だってできないですからね。

今朝心に響いた情報を自分のために貼り付けておきます。

ameblo.jp


www.youtube.com