目醒めた世界へ

ユーカリの森に暮らしています。自然の恵みに感謝して、ここにある全てと調和して循環しながら共生できたら素敵だと思うのです。 森羅万象を感じて行動する世界へ

Stay strong and resilient in your way of thinking

お母さんの考え方を強くたくましく持ち続けて・・

家族から誕生日カードをもらいました。それぞれのキャラクターで嬉しい言葉が書かれていました☺️。

今年は、中学2年生の次男君からの👆の言葉にグッときました。というのは、この2年、私が全力で世の中の流れに抗っていた間、長女ちゃんと長男君は私の言葉を聞いてくれているという実感がありました。じゃぁ、これはどうして?と色々質問して、自分の考えを言ってくれるからです。でも次男君はいつも黙って聞いています。意見を言いたくないようです。(自分の中で静かに考えるタイプです。)性格的なスタンスは、科学的考察と思考をする夫の家族よりです。かろうじてワクは打たないでいてくれたけど、いつあちら側に行ってしまうか、私は常に心の中で不安を感じていました。

その彼が世間とは真逆の意見ばかり言う私にこんな言葉を送ってくれたのです。ちょっと🥲じ〜んとしました。

 

今、長男君ロシアのセルゲイ・プロコフィエフのこの曲を練習しています。


www.youtube.com

レッスンで先生にもっとロシア風に規則的にアクセントを入れて弾くように言われました。メローな曲の方が得意な長男君にはちょっとチャレンジです。


www.youtube.com

じゃぁ、家に帰ってロシアンソルジャーのマーチでも見てみようね。なんて私が提案したら、バイオリンの先生が「あ〜、今のロシアは・・」と頭を抱えていたので、あ!そうだった、気をつけなきゃ。。普通の人々はロシアに対してそう思っているんだと思いだし、お茶を濁しました。私はロシア推しですからね。。尊敬の念を持ってノリノリでロシアのミュージックを聴いていました。ソ連ではないプーチンのロシアです!西側諸国もソ連も結局はグローバリストの創作物ですから、民主主義と呼ばれようが、社会主義と呼ばれようが、どっちであっても私から見れば同じカテゴリーです。今のロシアはそのどちらとも違うと思っていますので。

帰りの車の中で、ロシアとウクライナについて初めて長男君と次男君に私の考えを伝えました。長男君はロシアに攻撃されてウクライナの人が可哀想だよ。と言いました。なので私は2014年からのウクライナで起こっているロシア系ウクライナ人に対する虐待虐殺の事、アゾフというナチスの存在について、冷戦から続くNATOと米国の関与と地理的勢力構造について、イラク・シリア・レバノン、数々の中東やアフリカや東ヨーロッパで起きた紛争、戦争、破壊活動について、これまでの西側諸国の反応はどうだったか?その違いについて、MSMで流れるフェイク映像の存在について伝えました。長男君はそうか。と納得した様子でしたが、後部座席に座っていた次男君は寝ているのか分からないほど静かで、家に着いたら黙って家の中に入って行きました。

その後のバースデーカードに👆の言葉が書かれていたので、感慨深かったのです。沈黙は意見の拒絶や不賛成ではなかったようなのです。