目醒めた世界へ

ユーカリの森に暮らしています。自然の恵みに感謝して、ここにある全てと調和して循環しながら共生できたら素敵だと思うのです。 森羅万象を感じて行動する世界へ

南側・なんちゃって土留め塀 DIY

先日、2人雇いましてね、南側のエクステリアの仕事がかなり進みました。長男・次男君、なんだかんだ言いながらも1日中働いてくれました!旦那さんも仕事のブレイクタイムに出てきて手伝ってくれましたよ。仕事は重い石を運んで並べるというものです。

前回、2年前に階段を作ったと書きましたが、その次、取り掛かりたかったのは、その横の土手です。

スロープになっているので、土が家に向かって落ちてくるし、土手の下のスペースは凸凹で見た目も悪い上、物も置けないので使えないスペースになっていたからです。

土手を削って土留めの塀(Retaining Wall)を設置したいと考えていました。ガビオン(Gabion)置いて塀にしようと思い鉄格子の箱を購入しました。

鉄格子はこちらから購入しました。2020年3月は$289.99だったのですが、現在は$324.99に値上がりしてますね。

さて、ガビオンを設置するために地面を削らなければいけません。仕事が小さすぎるのか?なかなか仕事を引き受けてくれる人がいなかったのですが、ようやくいい人が見つかって実現しました!パワーシャベルで土手を削って、地面を平にしてくれました。

次はクラッシュダストを購入して、Gabionを設置する準備をしました。(きちんとしたやり方はエンジニアリングの作業があるのですが、不器用な我が家はコストをあまりかけずに適当に手作業でやって、失敗したらいつかプロに頼めばいいというスタンスのなんちゃってDIYです。)きちんとした手順:Gabion Retaining Wall Design Guidelines - Gabion1 Australia

クラッシュダストを引き詰めて浸水性のある布製の防草シートと一緒にガビオンの箱を置いてみました。

後は地道に石を詰めていく作業です。

Gabion Retaining Wall (ガビオンの土留めの塀)ここまでできましたよ!

石を詰め終わったら、Gabionの後ろの土手との隙間を土で埋めないといけないです。

 

またゆっくり続けようと思います。